つまみ細工きよら群馬県前橋市

つまみ細工とは

つまみ細工は、正方形に切った布をピンセットでつまみ、花や蝶などの形を作る、江戸時代から伝わる伝統工芸です。発祥は京都と言われており、女官や女中が着物の切れ端で作ったものが、江戸に伝わり、現在では、東京都指定の伝統工芸品とされています。
つまみ細工で作られたかんざしや髪飾りは、舞妓さんや七五三などで現在も多く使われています。 また、最近では、「つまみ細工キット」の販売や書籍も多く出版されています。
つまみ細工は主に、丸みを帯びた「丸つまみ」と先のとがった「剣つまみ」の二種類が基本となっています。


つまみ細工の種類

【丸つまみ】

つまみの先が丸くなったふっくらとした可愛らしい印象のつまみ方です。つまみ細工の基本となります。


【剣つまみ】

つまみの先がとがったシャープな印象のつまみ方です。つまみ細工の基本となります。