Loading...

和装婚・白無垢と色打掛の疑問にお答えします

初めての和装婚、白無垢と色打掛は分かるけど…他に何が必要なの??結婚式の和装って何枚も羽織ってる感じがするけど…??どうなってるの??分からないことだらけの和装婚についての疑問にお答えします

Q:和装婚の白無垢や色打掛の下っていったい何枚着てるの??

A: 通常の着物(訪問着や振袖)とは違い、婚礼時の白無垢や色打掛は通常の着物の時よりも少し多めに着ています。 肌着→長襦袢(襟付き)→掛下→白無垢・色打掛の順番で着ています。 通常の着物と比べると『掛下』が一枚多いことになります。

Q:肌着はどんなものを選べばいい??

A:肌着は表からは見えませんが、汗を吸収する役目があるので上半身が綿のガーゼになっているものが通常です。
肌着はワンピースタイプのものと、上下別々になっているものがあります。 上下別々になっているものは、肌着(上)と腰巻(下)という風にも言います。
ワンピースタイプでも上下別々になっているものでもどちらでも大丈夫ですが、下着はご持参いただく場合が多いと思いますので式場の着付け担当の方にご確認いただくのが良いと思います。式場によっては衣装店でのご購入しなければならない場合もありますが、成人式の時に使ったものなどでOKです。   

Q:長襦袢の襟って選べるの??

A:肌着の上に着るのが長襦袢です。 肌着は外からは見えませんが、長襦袢は襟の部分が外から見えます。
長襦袢には通常襟が縫い付けてあり、中に襟芯という少し硬めの芯が入っています。襟芯は固く張りがあるので長襦袢の襟がきれいに見えるようになっています。
衣装店で着物の衣装合わせをするときに襟の色もご指定いただくことが多いと思います。 お顔に一番近い色なので、何枚か合わせてもらいお顔の色が一番明るく見える色を選ぶことをおすすめします。
もちろん、お召しになる着物の色やなりたいイメージの色に沿った襟選びにすることもお忘れなく。

Q:掛下ってなに??

A:掛下は長襦袢と白無垢・色打掛の間に着ていただく着物のことです。
白無垢の時には白の掛下を選んで着ていただくのが一般的です。 最近では色掛下という、色のついたものもあります。 帯は掛下の上に締めて着ていただきます。色掛下の場合は白無垢や色打掛を脱いで撮影…なんて言うこともできるので、雰囲気を変えて前撮り撮影などをされたい方におすすめです。 白無垢や色打掛を着てしまうと、掛下は襟の部分と裾の部分程度しか見えません。

Q:白無垢や色打掛を着るときに必要な小物って??

A:白無垢や色打掛などの婚礼衣装を着るとき、衣装店でのレンタルになるかと思います。 レンタルのセット内容に「白無垢・色打掛」「掛下」「長襦袢」「草履」などの他に「五点セット」というのがあります。 五点セットの内容は「末広」「懐剣」「はこせこ」「抱え帯」「丸ぐけ」がセットになっていることが一般的です。 「はこせこセット」という場合もあります。 五点セットもいろいろな色のものがありますので、着物の色に合わせて選んでみてください。 五点セットの他にも、帯板、帯枕、コーリンベルト、襟芯、足袋、などいろいろなものがありますので、どこまでがレンタルのセット内容に入っているのか確認してみましょう。

Q:背が低いのが悩み!着物がうまく着こなせるか心配!

A:身長の高さは気になさらず大丈夫ですよ。 草履は二段、三段という風に高さがあります。 ご自身の身長が低いことが悩み…という方は三段の草履を履くことをおすすめします。 逆に、身長が高いことが悩みの方には二段のものをおすすめします。 もちろん草履のサイズもMやLなどサイズがありますので、衣装合わせの際に実際に履いてみてしっくりくるものを選んでみてくださいね。

最後に…

一生に一度の結婚式、式場のプランナーサントの打ち合わせや、お花、司会、お料理…いろいろなことを決めなければなりません。 特に新婦さんは、ご自身のお衣装など…たくさん決めることがあって頭がいっぱいになってしまいますよね! ウェディングドレスの他に、和装も着るとなるとさらに頭がいっぱいになってしまうかもしれません。 でも、あまり頭を悩ませずに、是非衣装合わせを楽しんでみてください☆ 百戦錬磨の衣装担当さんに何でも相談してみてください!きっと親身になって相談に乗ってくれるはずです! 新郎新婦さんにとって一生に一回の結婚式は、式場の衣装担当さん、プランナーさん、司会者さん、お花屋さん、シェフ、スタッフみんなにとっても一生に一回の結婚式なんです☆ これを今読んでくださっている新郎新婦さん、プレ花嫁さんプレ花婿さんの特別な日が最高の一日になるように願っています。